交通事故の相談事例まとめ

自転車で交通事故にあいました

自転車で交通事故に遭いました。

夕方の薄暗い時間帯だったので自転車で走る私のことがよく見えなかったのでしょう。交差点をすごいスピードで車が突っ込んできました。

実際のところ車と接触はしなかったのですが、自転車で急ブレーキをかけたときに自転車から転落して右の足首を捻じってしまいました。買ったばかりの新しい自転車も傷がついてしまいました。

相手の方は若い男性の方で「ぶつかってないのだからこっちの保険はつかわなくていいだろう」とか「治療費とか慰謝料はでない」などかなり強い口調で言われました。

怖くなったのでまずは警察に電話して事故の証明をしてもらいました。警察の方も保険のことは分からないから保険会社に聞いてくれと言われました。

車とぶつかってないので治療費はだしてもらえないだろうと思っていましたが、病院に通院しました。レントゲンをとったあと足首をみていただいて軽い捻挫だと言われました。

治療費のことを相談したら治療費も慰謝料も保険でまかなえるとのことでした。私の場合はすぐに警察に電話したからよかったのだとおもいます。ぶつかっていないから安易にその場を離れていたらきっとそれっきりだったでしょう。

おかげで治療費と慰謝料ももらうことができました。また新品の自転車も点検してもらい、傷ついた部品は交換してもらいました。大学受験を控える息子のために毎日節約生活をしていた私たちとってはとても助かりました。

DATE:2016/08/18