交通事故の相談事例まとめ

転院する勇気も必要

約半年前のことです。交通事故で後ろから追突されました。

近所の整形外科に行って首と腰が痛いと訴えたところまず首と腰にレントゲンをとられ、なんともないと言われ湿布だけをもらいました。高齢の先生でどことなく不愛想でした。

痛みを訴えても全く聞き入れてくれず、湿布がかぶれるので他のものに変えてほしいと言ったらしばらく貼らないでおくように言われました。

しかし2週間たっても首から腰にかけてだるいような痛みがありました。右肩と左肩にかけてしびれとはいかないまでもじんわりとした違和感がありました。そこで通院先を代えることにしました。

家からは少し離れていましたが、職場から近く夜7時まで受付してくれるとのことです。先生も若く対応が親切でした。診察を終えたらすぐ低周波という電気首と肩と腰にあててくれました。そのあと首を牽引してくれました。

それぞれ10分ほどで計20分かかりました。私が通っていた整形外科はベッドがたくさんあり、電気や牽引する機械がたくさんあり待ち時間なく治療してくれました。仕事が忙しくてなかなか通院する時間が作れない私ですが、なんとか通院することができました。先生も痛みがおさまるまでしばらくリハビリ室に通院すればいいと言ってくれました。おかげで4か月間じっくり治療することができました。

DATE:2016/08/15